自宅で簡単にできる新型コロナウイルス対策

ご好評につき価格を改訂いたしました。

ICheckは、抗原・抗体検査キットです。
こんな時に検査をして不安」を「安心」に。

  • 大切な人に会いたい
  • 人が集まる場所や帰省・他地域への移動
  • 無症状でも感染していないか知りたい

ICheckは、医療機関メール電話にて
1ヶ月間自由ご相談いただけます。

ICheck抗原検査 3,980円(税抜)

ICheck抗原検査 3,980円(税抜)

医療機関とメールと電話にて1ヶ月間自由にご相談いただけます。

ご購入はこちら


ICheck抗体検査 2,980円(税抜)5万人様限定価格!

ICheck抗体検査 2,980円(税抜)
5万人様限定価格!

医療機関とメールと電話にて1ヶ月間自由にご相談いただけます。

ご購入はこちら


ICheck抗原検査&抗体検査パック5,980円

ICheck抗原検査抗体検査パック
5,980円(税抜)

医療機関とメールと電話にて1ヶ月間自由にご相談いただけます。

ご購入はこちら


ICheck PCR検査
12月上旬開始予定

ICheckプロジェクトアンバサダー
SKE48

SKE48

ICheck プロジェクトのアンバサダーに、SKE48 が就任しました。 「1日でも早く、安心して会える日のために。」をキャッチコピーにSKE48 にとっての「安心して会える日」を「ファンと手を取り会える日」 と位置づけ、そのような未来を一緒に作っていこうというメッセージを伝えていきます。

また須田亜香里、古畑奈和、熊崎晴香、惣田紗莉渚、佐藤佳穂、井上瑠夏 の6名が出演するCMが公開中です。

特別対談

ICheckプロジェクトとは?

医療機関メール電話にて
1ヶ月間自由ご相談いただけます。

ICheck(抗原検査キット・抗体検査キット)をご利用後、医療機関のサポートが受けられます。
抗原検査は、新型コロナウイルスに対して、現在、陽性か陰性かの確認ができます。
ウイルスに感染した細胞が産生する抗原の有無から陽性・陰性を判定できます。

※1:ご相談によっては、すぐに対応できない場合がございます。ご相談可能な時間は、メール相談:9:30〜17:30(月曜日〜金曜日)となっております。
※2:提携医療機関は、医療法人社団 青い鳥会(メールアドレス:call@aoitorikai.com )です。
※3:抗原検査キット、抗体検査キットで新型コロナウイルスに感染しているという確定はできません。あくまで陽性の疑いがあるという事なので、ICheckをご提供した医療機関、かかりつけの病院、保健所にご相談に行く事を推奨致します。
※4:本キットは調査研究用であり、医療品医療機器法に基づく体外診断薬用医薬品として承認・認証等を受けていないため、診断目的では使用できません。

ICheckが提供する「安心=安全+サービス」

医療機関に相談可能

新型コロナウィルスに関する相談や抗原検査・抗体検査キットの結果、陽性反応が出た場合の対応方法など、医療機関に相談(電話・メール)が可能です。

最短約15分でスピード検出

抗原・抗体があるかどうかを簡単に判定できる研究用試薬の検査キットです。抗原検査は現在の感染有無、抗体検査は過去の感染有無と抗体有無を判定可能です。

自宅検査でクラスター発生予防

自宅で抗原検査・抗体検査が可能の為、社員やスタッフが陽性の場合は自宅待機などを指示することで、クラスター発生を防げます。
ICheckは疫学調査プロジェクト
ICheckプロジェクトを通して、陰性/陽性を特定して行くことにより、海外の治療薬ではなく、日本人の身体的特徴にあった治療薬開発の為の協力をしていきます。

日本国内での臨床結果が
豊富なキットを使用

相模原協同病院
井關病院長

相模原協同病院は、感染症指定医療機関として2020年1月の本邦第1例目からこれまで相模原市保健所の協力のもと、市内の新型 コロナ肺炎患者を受け入れてきました。神奈川県相模原市では、中国由来の第1波が2月下旬に到来し、またヨーロッパ経由の第2波が4月上旬に到来しましたが、現在は小康状態です。

当市は人口約72万人ですが、現時点ではまだ大規模な疫学調査は施行していません。しかし、当院の救急外来でのPCRの結果と保健所による積極的なクラスター潰しから、有病率は1.6%程度で東京よりは低いと予想しています。 有病率により今後の医療機関や行政の対応が変わっていきますが、有病率を大規模に施行するのに不可欠の抗体検査キットについては、先日の日本感染症学会の発表にあるように信頼性に欠けます。

Oxford大学グループの発表でも抗体検査キット(LFIA法)の精度に疑問が呈されていました。今回、抗体検査キットの評価法としてわかりやすい指標がない中で、PCR結果との一致度を評価するためにκ係数を用いて各論文を検証しました。

Oxford大学の発表を検証するとELISA法ではκ係数は0.86でした。 注目すべきは血中抗体量が安定すると思われる発症10日以降では κ係数は1でPCRと完全に一致しました。反対に、イギリスでの9社のLFIA法のキットは全てκ係数が0.6程度でした。この報告の限界は発症日がはっきりしていませんので発症早期の症例がどの程度含まれているかは不明であり10日以降の症例に絞り込めばもう少し良好な結果となる可能性はあります。中国のデータも発症日が不明ですが、κ係数は0.75でした。

今回ロキ・コンサルティング株式会社から提供を受けたキット「ICheck」はκ係数が0.9であり、特に発症8日以降の症例では0.96となります。まだ81症例程度の評価であることと新型コロナ肺炎の状態が現在小康状態であるため症例に偏りがあると思われますのでさらに検討が必要ですが、少なくとも疫学検査には有用であると評価できます。

ICheck製品は 各種登録認可を取得しています

私たちも抗原検査・抗体検査に参加してみました

お客様と対面する仕事なので

40代/不動産業

不動産賃貸だとどうしても来店して頂かなければ契約ができない事が多いので、お客様と対面でお話する事が多いです。もし自分が「もしも」だった場合、お客様にご迷惑をお掛けしてしまうのではないかと思っておりました。自分はしっかりとチェックしているというだけでもエチケットとしては良いのかなとおもいました 。

会社から福利厚生として

30代/コールセンター

コールセンターは大人数が密閉空間で仕事をしているので正直心配でした。会社から抗体検査キットが配られたときは とっても嬉しかったです。悩み事がなくなりました。

出張が多いので安心しました

40代/会社経営者

仕事柄外回りが多くて、色々な方に接する事が多いです。手洗いやマスク、消毒には気を付けていますが、電車に乗る事 が多い為心配ではありました。妻には「私がコロナにかかったらあなたのせいだから」とも言われておりました。仕事に行かなければ家族を養えないけど、家族に迷惑もかけられない想いが葛藤しておりました。

ICheck(抗原検査・抗体検査)の使用方法

1 会員登録
個人、会社などの連絡先を登録します。
2 ご購入
必要な量をご購入下さい。ご購入後、ご登録されたメールアドレスに「ご注文確認メール」が届きます。
3 代金の支払い
クレジットカードまたは、銀行振込みにて代金をお支払い下さい。(銀行振込みの場合は、ご注文確認メールの中に、お振込み口座の記載がございます) 代引きも可能です。※企業によっては、締め支払いの相談は可能です。
4 抗体検査キットの発送
ICheck(抗原検査キット・抗体検査キット)の発送 代金のお支払いを確認後、ICheckをご指定の住所に配送いたします。
5 ICheck(抗原検査キット・抗体検査キット)のご利用
個人様、企業・団体様は担当医療機関から送付される「ICheckカルテ」の入力を推奨します。説明書、同意書を確認し、ご利用される方は、手順に従い検査を行って下さい。
6 検査結果報告
ご利用された方は、担当医療機関から送付される「ICheckカルテ」にスマートフォンから入力して下さい。入力していただいたデータは医療機関、政府関係機関、ICheck疫学調査調査コンソーシアムにて研究用としてご利用いたします。
7 健康相談
検査結果に陽性が出た方や、検査結果に不安な方は、必要に応じて担当医療機関へご相談してください。

新型コロナウイルスの各検査方法に関して

PCR検査とは?

PCR検査とはポリメラーゼ連鎖反応(Polymerase Chain Reaction)の略で、ウイルスの遺伝子を増幅させて検出する方法です。 「現在、新型コロナウイルスに感染しているかどうか」がわかります。鼻や咽頭をぬぐって細胞を採取して検査を行います。

抗原検査とは?

抗原検査とはウイルスに感染した細胞が特異的に産生する抗原を検知して診断に導く検査のことを言います。 「現在、新型コロナウイルスに感染しているかどうか」がわかります。抗原検査キットは15分ほどと非常に最短で検査ができること、特別な検査機器を使わずに自宅で検査ができるというメリットがあります。

抗体検査とは?

抗体検査とは「過去に、新型コロナウイルスに感染していたかどうか」を調べる検査です。抗体は、ウイルスが体内に入った際、免疫反応で作られるタンパク質です。抗体検査キットは15分ほどと非常に最短で検査ができること、特別な検査機器を使わずに自宅で検査ができるというメリットがあります。

検査種類 PCR検査 抗原検査 抗体検査
検査目的 検査時点で感染しているかどうか判定 検査時点で感染しているかどうか判定 過去に感染したことがあるかどうか判定
調べる物 ウイルス遺伝子の有無を調べる ウイルス特有のタンパク質を調べる 体内で増える抗体(IgM / IgG)を調べる
検査する検体 鼻の奥の粘液や唾液を採取 鼻の奥の粘液や唾液を採取 血液(採血)
精度(感度) 70~80% PCRの8割(簡易キットの場合) 84~95%(簡易キットの場合)
判定時間 1~6時間 15分~30分 15分程度
※表:日本経済新聞 2020年8月12日“見てわかる「コロナ検査」PCR・抗原・抗体の特徴とは”より抜粋
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62323720V00C20A8I00000/

ご購入はこちら


ICheck抗原検査 3,980円(税抜)

ICheck抗原検査 3,980円(税抜)

医療機関とメールと電話にて1ヶ月間自由にご相談いただけます。

ご購入はこちら


ICheck抗体検査 2,980円(税抜)5万人様限定価格!

ICheck抗体検査 2,980円(税抜)
5万人様限定価格!

医療機関とメールと電話にて1ヶ月間自由にご相談いただけます。

ご購入はこちら


ICheck抗原検査&抗体検査パック5,980円(税抜)

ICheck抗原検査抗体検査パック
5,980円(税抜)

医療機関とメールと電話にて1ヶ月間自由にご相談いただけます。

ご購入はこちら


よくある質問


Q 健康相談は具体的にどの様な方法で行われますか?
A 基本的にメールと電話での相談となります。

Q 健康相談について、どこまでの内容を相談できるのでしょうか?
A 新型コロナウイルス感染症に関する健康上の不安や、感染者への濃厚接触の有無、自覚症状など、同感染症に関する健康相談は何でもお気軽にご相談ください。

Q 陽性反応がでた時だけ健康相談ができるのでしょうか?
A チェック結果に関わらず、新型コロナウイルス感染症に関する不安や心配があれば、納品後1ヶ月間随時医療機関に健康相談が可能となっています。

Q 健康相談はプロジェクトに参加した人だけができるのでしょうか?
A はい。プロジェクトに参加して頂いた方は、納品後1ヶ月間随時医療機関に健康相談が可能です。

Q 専門医療機関とはどの様な機関なのでしょうか?
A 感染症指定医療機関や、地域の保健所、帰国者・接触者相談センター等を想定しています。

その他の質問について

ページトップへ